コレステロール

【飲みやすい青汁ランキング】実証しました!

コレステロール

えがおの青汁

 

最近、「コレストロール値を下げましょう」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。

 

そもそもコレステロールは体内の細胞を作ったり、ホルモンの原料になったり、
栄養素の消化吸収に関わったりなど、人の身体には欠かせない成分。
肝臓で作られるコレステロールは実は食事からも吸収されていて、
余分なものは排出されるなど体内でバランスがとられています。

 

ところがエネルギーの摂取過剰や食事の摂り過ぎ、さらに運動不足などにより
コレステロールのバランスが崩れると、血中コレステロールが高くなります。

 

この数値が正常よりも高くなると、最悪の場合動脈硬化につながり、
その結果心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性があると言われています。

 

では、血中コレステロールが増えるとなぜ動脈硬化を引き起こしてしまうのでしょうか。

 

もともとコレステロールには、善玉と悪玉の二種類があります。

 

それぞれに役割があり、例えば悪玉コレステロールは細胞やホルモンの材料となる
コレステロールを、細胞に送り届けています。
しかし善玉コレステロールのように余分なコレステロールを回収する作用がないため、
過剰に増えると血管にこびりついて血管壁を肥大させてしまうのです。
そしてこれが、動脈硬化の要因となるのです。

 

そこでぜひ取り入れたいのが、血中コレステロールの数値を下げてくれるという青汁の効力。

 

もともと緑黄色野菜を搾り取った青汁には抗酸化成分がたくさん含まれていて、
この成分が体内の活性酸素の働きを阻害します。

 

この活性酸素、血管壁にこびりついた悪玉コレステロールを酸化させるだけでなく、
血管壁を老化させるとても厄介な成分なのです。

青汁を飲んで活性化酸素の働きを抑制すれば、悪玉コレステロールによる動脈硬化を食い止め、
いずれはコレステロール値の減少にもつながることに。

 

会社の健康診断などで「コレステロール値が高い」と診断された人、
生活習慣を改善する意味でも青汁を毎日の習慣にしませんか?

 

「えがおの青汁」や「ふるさと青汁」など、飲みやすさを考慮した青汁なら
おいしく飲めてきっと毎日でも続けられますよ。