青汁の形状

【飲みやすい青汁ランキング】実証しました!

青汁の形状

えがおの青汁

 

一般的な青汁のイメージと言えば、水に溶かして飲む「粉末タイプ」ではないでしょうか。
ちなみにわたしが以前飲んでいたのも、青汁を乾燥させて粉末状にしたものでした。

 

当時は「苦さ」だけを感じるような味わいだった青汁も、
現在はずいぶんと飲みやすくなりましたね。

 

例えば「えがおの青汁」やサントリー「極の青汁」、「ふるさと青汁」、やずや「養生青汁」、
グリーンハウス「レモンの青汁」などなど、ネットのランキングサイトで人気の青汁も
飲みやすくさわやかな味わいが好評です。

 

さて、「青汁と言えば粉末タイプ」だった以前と比べ、
今ではさまざまな形状が登場していることをご存知でしたか?

 

例えば鮮度の良さが魅力の「冷凍タイプ」。

 

液体の青汁をそのまま冷凍しているので、栄養もたっぷりです。
ただ青汁独自のクセのある味わいなため、「苦いのはダメ」という人には不向きかもしれません。

 

そんな人は、今人気上昇中の「サプリメントタイプ」はいかが?

 

錠剤になった青汁を水で飲むだけなので、青汁の味が口の中に広がることもありません。
それに錠剤なら携帯にも便利なので、外出先でも手軽に飲めますよね。

 

「もっと手軽に、しかもおいしく飲みたい」という人には、
ペットボトルに液体のまま保存された「ジュースタイプ」がオススメ。

 

冷蔵庫に保管しておけば、いつでも「冷たいジュース」感覚で気軽に飲むことができますよ。
さまざまな野菜がブレンドされていたりして、どちらかというと青汁というよりも
ミックスジュースといった感じ。
水分補給も兼ねて、おいしく飲めるのが魅力です。

 

そして「青汁の良さをそのまま取り入れたい!」という人は、
ぜひ青汁を凍結させて真空状態で乾燥させた「フリーズドライタイプ」を。

 

インスタント食品のようにお湯をかけたり、また水で戻したりして飲みます。
高熱処理はしていないので、青汁本来の栄養素を十分に取り入れることができますよ。

 

それぞれにメリットがありますので、自分の好みや目的に合った
ベストなタイプを選んでくださいね。