妊婦に青汁

【飲みやすい青汁ランキング】実証しました!

妊婦に青汁

えがおの青汁

 

さまざまな栄養分が必要な妊婦にとって、特に必要不可欠なのが『葉酸』の摂取。

 

厚生労働省では、妊婦を対象に1日400マイクログラムの葉酸摂取を推奨していて、
その旨が母子手帳にも記載されているほど。

 

では、なぜ葉酸が妊婦にとって必要な成分なのでしょうか。

 

それは、葉酸不足による胎児の神経管閉鎖障害発症を予防するためなのだそうです。
ちなみにこの「神経管閉鎖障害」とは、脳や脊髄を形成する神経管が妊娠の初期段階で
正常に形成されないことによって起こる、先天異常の一種だと言われています。

 

アメリカをはじめとする諸外国で行われた疫学調査によると、葉酸にはこの神経管閉鎖障害の
発症リスクを低減する作用があることが報告されており、そのため日本を含む世界各国で
妊娠中の葉酸摂取が勧告されているという訳です。

 

もちろん、神経管閉鎖障害は複合的な要因によって発症する障害のため、
葉酸を摂取するだけでは完全に発症を防ぐことはできません。

 

とは言えリスクのひとつを予防することができるのも事実。

 

それに十分な葉酸摂取は、妊娠中になりやすいと言われる
「鉄欠乏性貧血」を防ぐ効果もあるそうです。

 

神経管閉鎖障害の予防はもちろん、こうした貧血防止のためにも、
特に妊娠初期はなるべく意識して、葉酸を摂取するよう心がけることが重要となります。

 

ところで、葉酸はほうれん草や芽キャベツなど、青野菜に多く含まれています。
しかし葉酸は熱に弱く、残念ながら茹でたり炒めたりするとその多くが破壊されてしまいます。

 

そこで近年注目されているのが、青汁による葉酸摂取。

 

青汁は茹でたり炒めたりせず生のまますりつぶして作られるので、
葉酸を損なうことがありません。
それに葉酸以外にも、ビタミンやミネラルなど体に大切な栄養素が豊富に含まれています。

 

そのため、多くの栄養素を必要とする妊婦さんの栄養補給にもピッタリ。
日々の健康維持はもちろん、お腹の中の赤ちゃんにもうれしい栄養素が満載の青汁。

 

毎日飲むコップ1杯の青汁は、ぜひ妊婦さんにも取り入れてほしい習慣です。